{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/29

セロー250.トリッカー用 スタビライザーセット

¥23,100 税込

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー6件

送料についてはこちら

  • セロー250用 アルミ色スタビライザータイプ

    ¥23,100

  • セロー250用 黒色スタビライザータイプ

    ¥23,100

  • トリッカー用 アルミ色スタビライザータイプ

    ¥23,100

  • トリッカー用 黒色スタビライザータイプ

    ¥23,100

セロー250.トリッカー用 スタビライザーセット ブラケット部A7075製(最高強度ジュラルミン) ホワイトアルマイト処理左右1セット、嵩上げカラーA2011製4 個、トライアル汎用スタビライザー(アルミ色または黒色)1個、各接続ボルト12個.ナット4個(クロモリ鋼 三価ホワイトメッキ)。 ●セロー250.トリッカー用フロントフォークスタビライザーセット¥23,100. ⭕️すみません。イベント用を残して全て売り切れました。 次回ロットは、11月となります。お待ちください。 ●本来、ダウンフェンダーセットとして販売予定でした。 が、「純正アップフェンダーに組むので、フェンダーは不要。」「剛性が欲しいだけなので、スタビだけ欲しい。」「トライアルフェンダーは持っている。」という方も多いので別売にしました。スタビライザー(ブレイス)はトライアル汎用品ですので、トライアル車用フェンダーが使用可能です。 https://kitasan08.shop/items/633718cabd5e4d07434cd8ae ⭕️装着すると、フロント周りの剛性が格段にアップします。 ゴツくて済みません。理由が有ります。 ノーマルより遥かにフロントタイヤを思ったラインに乗せやすくなります。 ハイスピードでコーナーに入ったり、下りでのブレーキング、グリップが良い路面や岩場でハンドルを切ってもヨレヨレしません。 トライアル的走行や激下りに強く、不安感が減ります。 フラットダートやワインディング、一般道でも反応が良く修正がしやすいです。 ⭕️純正フェンダー、純正フェンダー2(泥よけ)を使われる場合、写真説明の加工が必要です。 ●スタビライザーセット 装着方法 7.フォークアウターのブラケット締め付け部に製造時の大きい出っ張りが有る場合はヤスリなどで削り、合わせて下さい。写真の程度では削る必要は有りません。 8.フォークブーツの下にブラケットを仮締めしてください。左右はありません。うちで組む際は、シールを右側にしています。 9.スタビライザーのアーチが高い方が前です。 17.カラーを挟み込み、スタビライザーを仮締め。 ブラケットの前後の隙間が同じようになるように、各部センターが出るようにしてから本締め。 ブラケット部(下、水平方向、割り締め)5N・m。スタビライザー部(縦方向)7N・m。で十分です。 ⭕️特に割り締めボルトの締め付けトルクを緩くする為にも、剛性の高い、クロモリ鋼(強度区分10.9)フランジ付き(座面が大きい)半ネジ(途中からネジ目)ボルトを使用しています。 ブラケットを強く締めると(昔のトライアル車の様に)アウターが歪み、サスの動きが悪くなり、ブッシュやオイルシールを傷めます。これらが入っているブラケット部は強く締めないで下さい。 ブラケットにネジレを出さない為にも、アーチ部のボルトもカラーもゴツいんです。 1日走行後、増し締めしてください。 ●写真説明 1.3.セロー250用スタビライザーセット。スタビライザー部(ブレイス)のみ、アルミ色と黒色があります。 2.10.18.19.20.28.純正フェンダーと純正フェンダー2(泥除け)を使用の装着例。クリアランスが少ない為、工夫が必要です。 4.セット内容。 5.6.当初の開発目的のダウンフェンダー仕様。トライアルや難所走行、激下り時にフロントタイヤが良く見え、ラインを細かく選んで走れます。ツアラーっぽい。 11.12.13.純正フェンダーにスタビライザーを装着し、フロントフォークがフルストロークした時、斜線部にスタビライザーが当たります。(特に旋回性を良くする為、フォークの突き出しを多くしている場合) ノコギリなどで13.の用に切り取って頂くと安心です。 14.15.16.17.18.純正フェンダー2を使われる場合。 泥詰まりの原因になるサイドを切り取ります。 スタビを当てがって印を付け、ボルト固定の5mm以上の穴を空けます。付属の超低頭キャップボルト、セレート付きフランジナットで固定して下さい。17.のように、IRC IX-09Wの様な、高さ幅の有るエンデューロタイヤを装着しても余裕が有ります。泥詰まりのきっかけになりやすいスタビライザーは泥除けの上です。 19.スタビライザーが黒色。 20.スタビライザーがアルミ色。 21.純正と別売フェンダー、ダブル仕様。 22.レースや ぬかるみ走行などで好評のヤマハ ランツァ純正フロントフェンダー(4GY-21511-00 )に、スタビライザーのみ装着。セロー250純正フェンダー2を付けると泥詰まりしやすい為使用せず、後ろの長い(泥除け)ランツァ純正パーツの装着例。このデザインも悪くない。 23.トリッカーは、ダウンフェンダー一択です。(写真は、F21.R18フルサイズ化仕様) 24.スタビライザー部のみアルミ色。トリッカー用は、ノーマルホイールF19.R16、フルサイズ化ホイールF21.R18、どちらも使える短いカラー、短いボルト、仕様となります。 25.スタビライザー部のみ黒色。 26.ダウンフェンダーはこちらをご注文下さい。 https://kitasan08.shop/items/633718cabd5e4d07434cd8ae 27.トリッカー純正フェンダーを取り付けるのは、かなり改造が必要そうです。 28.29.とても厳しい あらゆるテストをしました! ⭕️スタビライザーを固定する前後で、車両の前から前輪を股で強く挟み、ハンドルを抉ってみていただくと、違いが分かると思います。 動画を参考にして下さい。これでは、怖いです。 ●セロー225.250.トリッカーは構造上、フロント周りの剛性が乏しいです。 アクスルシャフトの直径が15mmしか無く、右側シャフト固定は割り締め(シャフトを咥える留め方)では無く、締め込んであるだけ。ステアリング周りも華奢なのでフロント周りの剛性がとても低いです。 私自身のセロー225も、少しでも剛性を高める為、アクスルシャフトを指定トルク以上で締め込んでいました。 下りで思ったラインに乗せられなかったり、ヨレるので怖かったり、地面が遠い感じがしていました。 スタビライザーにより、満足出来る剛性が出ました。 本当は、もっと細かく、スタビの選定、フランジ付き半ネジボルト、ロアーブラケットに干渉しずらい超低頭ボルト、泥詰まりしにくく、緩み難いセレート付きフランジナットなどなど、トライアル経験者には想像が付く積み重ねを説明したい所ですが、使っていただけると分かると思います。 ★★★取り付けに不安な方はショップさんに相談してみてください。 順次発送します。数日お時間下さい。 増産予定ですので、在庫切れになっても、後日補充致します。 よろしくお願いいたします。

セール中のアイテム